Pali Strollerの安全基準について

PaliのStrollerは、厳格な欧州の安全基準EN1888のテストをクリアしています。

ENとは、European Normの略です。

​ENは、EU加盟国間の貿易を円滑化すると同時に産業水準統一化のための『地域規格』となります。

​ベビーカーであれば、種類を問わず、欧州安全性規格EN1888に準じて製品の審査と認証を行います。

​この基準は、欧州全体で一律のベビーカーの技術的安全要件と審査手順を規定したものです。

主な審査内容

ベビーカーの標準規格

・素材

・構造と直立時の安全性

スライドロック

ブレーキの固定度

ロック装置

・キャリー用ハンドル

・シートの取り外しと回転性

ロック機構の安定性と耐久性

・シートベルトシステムと留め具

車輪の安定性

​・不安定な地面での扱いやすさ

動的安定性

・ラベルの耐久性

​・プラスチック包装と製品情報

ちなみに、日本の主な安全基準は、SG規格です。

SG規格とは?

安全な製品の略号で、財団法人製品安全協会が、構造・材質・使い方などから、生命または身体に対し危害を与える恐れのある製品に対し、安全な製品とし必要なことを決めた認定基準を定めて、基準に適合していると認められた製品にのみ表示されるマークです。

このSGマークの付いているベビーカーでは、適用年齢区分もクリアしていることになります。

A型ベビーカー:新生児をすぎた、まだ首が据わらない乳幼児から使用でき、最大でも生後48ヶ月まで使用できるベビーカー。

*推奨使用時間2時間

B型ベビーカー:お座りができる時期から使用でき、最大でも生後48ヶ月まで使用できるベビーカー。

*推奨使用時間1時間